お菓子の定番・ガムを噛んで生まれる三つの美容効果

表情筋を鍛えて小顔になれる

コンビニやスーパーなどではレジ前に並べられ、子供から大人にまで親しまれているお菓子の定番であるのが、食べるのではなく噛むお菓子であるガムです。女性の方にとっては食後の口臭を消すお菓子として購入する方も多いようですが、実はガムは噛んでいるだけで、女性の美容に多大な効果を発揮することが立証されているのです。今回はガムを噛むことで現れる三つの美容効果についてご紹介します。まず一つ目に挙げたい美容効果は、噛み続けることによって期待できる小顔効果です。噛む際に表情筋がよく動かされ、表情筋トレーニングになるからです。また、たるみの防止や、ほうれい線を薄くする効果も期待できます。

美肌に効果的なホルモンを分泌してくれる

二つ目は、ガムを噛み続けることで流れる唾液に含まれるホルモンの持つ効果です。パロチンという名前のこのホルモンは成長ホルモンの一種で、「若返りホルモン」とも呼ばれているアンチエイジングに効果的なホルモンです。このホルモンにはお肌を含む体の新陳代謝を活発にさせる効果を持っているので、シミやしわの発生を予防する効果も期待できるのです。基本的に食べ物を噛めば噛むほど唾液とともに分泌されるホルモンなので、噛み続けるお菓子であるガムを噛めばパロチンがたっぷり分泌されてお肌の新陳代謝も十分期待できるというわけです。

咀嚼を繰り返すことでセロトニンが分泌される

三つ目は、ガムを噛み続けることで分泌されるセロトニンの効果です。セロトニンといえばストレスを解消し、精神のバランスを保ってくれることで有名な神経伝達物質ですよね。この成分による精神の安定は、免疫力の保持や肌の潤いの保持などの形で女性の美容にも良い結果をもたらします。このセロトニンの分泌を促すために効率的な行動の一つが、食事の際の咀嚼です。口の中の食べ物をリズミカルに噛み続ける動きが、セロトニンを分泌させる神経を活性化させるのです。肌を美しく保ちつつ精神も安定させたい方は、通勤中、帰宅中などの際にガムを噛んでみてはいかがでしょうか?

品川美容外科の死亡まとめサイト